相続税対策入門

相続税とは?

相続税とは、ある人が亡くなった時、その人の持っていた財産を残された人々で分けたあと、受け取ったほうが支払う税金の事です。

相続は、亡くなった人の遺産を残された家族が引き継ぐ事をいい、亡くなった人を「被相続人」、残された家族を「相続人」と呼びます。

残された家族といいましたが、相続人になれる人は決まっています。
一番に相続の権利を持つ人として「配偶者」。
そして、「子(いなければその子供、孫)」、「親、兄弟姉妹」の順です。

このように、遺産を分ける時に権利の優劣が分かるよう、あらかじめ決められています。これらの人々を「法定相続人」と呼びます。

ほかに、養子縁組をしているとか、行方不明の相続人がいるとか、それぞれの家族の特殊な事情による順位も細かく定められています。

遺産分割とは

法定相続人が何人もいる場合は、遺産を適切に分けなくてはなりません。
これが「遺産分割」です。遺産分割には期限がありません。面倒だからとほうっておけば何年もの間、全員の共有になってしまい、後々トラブルの元になるでしょう。

分割する際、さきほどの法定相続人の順位通りに分けるのですが、遺言がある場合はそれも加味されます。
遺言の無い場合は、法定相続人たちによる、協議、調停、審判、裁判、の順に進みますが、その経過で折り合いがつき、全員の合意があれば、そこで終了です。
円満に進めば、裁判にまで進まないケースもあるという事です。

こうしてやっと相続税の支払いになります

わかりにくい事に「遺留分」があります。
被相続人が遺言で法定相続人以外の人に全財産を与えると遺したとしても、法定相続人には「遺留分」があるから大丈夫、といわれます。

遺留分とは配偶者の権利で、夫が愛人に全財産を残すというような遺言をしたときに話題に上ります。

しかし、このような場合でも配偶者の側が「遺留分減殺請求」というややこしい名前の手続きをしないと、権利を行使できません。
ほかにも様々なトラブルが予想され、法廷まで問題が持ち込まれるケースも枚挙にいとまがありません。

そして、分割が終わり、相続がはじまり相続人が遺産を受け取ると、それぞれが相続税を支払う義務が生じます。このとき、相続開始から10か月以内が、相続税の申告の期限になります。

手続きや考え方も特殊で、用語も耳慣れない言葉が多い相続税の問題。
後回しにしていざとなって困らないよう、基本の知識だけでも頭に入れておくと良いのではないでしょうか。

トップへ戻る